断食(ファスティング)

断食はなぜ若返る?外見・内面の2つの角度で断食の若返り効果を紹介!

断食 若返り
いきなりですが、『いつまでも健康で若々しくいたい!』というのは、誰しも思う事ですよね?
ハイ、いつまでも健康で美しくありたいです。
そういえば、、、、

『断食に若返り効果がある!』と、耳にしたのだけど、、、それって、本当なかしら?そんな夢みたいな話あるの?

あります!!『断食・小食』などの食事制限で、若返り効果が得られるという研究結果が出ているんです。

この記事では、断食をするとなぜ若返るのか?若気るためにはどうすればいいのか?という事について話していきます。

この記事でお話している内容
  • NHKで紹介された断食の若返り効果!
  • 身体の「外見&内面」の若返り効果!
  • 断食をして実際に起きた私の若返り効果!

結論からお伝えすると、若返る為のポイントは

この記事では、詳しく断食の若返り効果について、色々な角度でお伝えしていきます。

なぜ、断食で若返るのか!?そのポイントは2つ!

まず最初に、断食をするとなぜ若返ると言われているのか?について見ていきたいと思います。
断食で若返るってなんでだろう?

聞きなれない名前だと思いますが、若返りのキーは「サーチュイン遺伝子・ケトン体」という物質が握っています。

断食が若返る2つのポイント!
  1. 【外見の若さ!】若返り遺伝子「サーチュイン遺伝子」
  2. 【体内の若さ!】ケトン体(断食メモリー)で体質改善

それでは、それぞれどのような物で、どのような働きをするのか見ていきましょう。

①【外見の若さ!】若返り遺伝子「サーチュイン遺伝子」とは?

サーチュイン遺伝子?

初めて聞く言葉なのだけれども、その遺伝子が若返らせてくれるという事かしら?

サーチュイン遺伝子は、『長生き遺伝子・抗老化遺伝子』とも呼ばれているものです。

サーチュイン遺伝子の活性化により、生物の寿命が延びるとされています。

サーチュイン遺伝子は、現在注目を集めていて、NHKのTV番組でも取り上げられました。

若返り遺伝子とも呼ばれているサーチュイン遺伝子は、100以上の方法で老化を防いでくれます。

老化にブレーキをかけてくれるサーチュイン遺伝子は、だれもが持っているものです。

しかし、普段は眠っていて活動していません。

誰もが若返る為の遺伝子は持っているのね!!
でも、働かないんじゃ意味ないわね、、、。

どうしたら、サーチュイン遺伝子は働いてくれるの?

サーチュイン遺伝子のスイッチは食事制限

サーチュイン遺伝子が働くようになるスイッチは、「断食や小食」などのカロリー制限です。

「7週間のカロリー制限でサーチュイン遺伝子が増えた」という、研究結果が出ています。

以下は、研究の結果です。色が濃いほどサーチュイン遺伝子が働いています。

確かにカロリー制限前と比べると、活発になっているわね。

そして、カロリー制限より短い時間でサーチュイン遺伝子のスイッチをオンにしてくれるのが断食です。

食事制限と寿命の関係|サルの場合

アメリカ・ウィスコンシン大学で行われた、アカゲザルを使った老化研究のデータがあるので、見てみましょう。

生まれたばかりのアカゲザルを集め、食事制限を設けたサルとそうでないサルでどのような変化が起きるのかを比較した実験です。

お猿さんには可哀想ですが、なんと20年以上の年月をかけた実験です。

さて、どのような食事制限を設けたのでしょうか?

2匹の猿の生育環境は全く同じにし、食事制限した方のサルのエサだけ、30%少なくするという実験を行いました。

その結果は、、、、。

この2匹の猿はどちらも同じ年齢で24歳です。人間で言うと75歳ぐらいなので、お年寄りの猿です。

左側が30%餌が少ない食事をしたサルです。

  右のサルはなんだかヨボヨボしてて元気が無さそう!

左のサルは表情もよく、若々しくてとても同じ年齢の猿とは思えないわね!

更に、寿命が延びたという結果も出ています。

通常の猿の50%が死亡した年齢が、食事制限した猿の生存率は80%にもなるという結果が出ました。

これらの研究データはこちらに詳しく乗っているので、気になる方は参考にしてみて下さい。「1.サルのカロリー制限実験1-1.ウィスコンシン大学(WU)の研究報告(2009年)」

外見だけでなく、寿命まで延びるなんて凄いわね!!
サルでの研究データですが、食事制限でサーチュイン遺伝子を活性化させるというのが、1つ目の若返りポイントです! 

②【体内の若さ!】ケトン体(断食メモリー)で体質改善

こちらもまた聞きなれない単語ですが、ケトン体(断食メモリー)で体質改善とは、どういう意味なんですか?
断食をすることで、身体はケトン体というエネルギーを使い始めます。
ケトン体・・・?

これまた聞いた事がない名前なのですが、何なのでしょうか?

ケトン体というのは脂肪から作り出されるエネルギーです。

通常、人間の体は炭水化物などに含まれる「ブドウ糖」を主なエネルギー源として、使用しています。

しかし、残念なことにこのブドウ糖は蓄えておくことができないので、そのままの形だとなくなってしまいます。

そこで、身体は余剰分のブドウ糖を脂肪という蓄えられる形に変換して貯蔵します。

糖質(ブドウ糖)は蓄えられない

糖質の場合、体内に入るとブドウ糖の集合体であるグリコーゲンとして蓄えられますが、グリコーゲンは12時間で枯渇するという特性があるため蓄積量に限界があり、インスリンが作用し、脂肪に変えて体にためおきます。

参考:ダイエッター必読!ケトン体で体内エネルギーの大改革を起こせ | EMIRA

この性質を利用したものが、糖質制限ダイエットと言えるでしょう。

通常使っているエネルギーであるブドウ糖などの糖質が切れると、身体は機能を維持するために別のエネルギーを使い始めます。

そこで登場するのが「ケトン体」なのです。

ケトン体とは、脂肪として蓄えられたエネルギーを、肝臓で分解して作り出されたエネルギー源です。

そして、ブドウ糖からケトン体に使うエネルギーが切り替わるのです。

断食・小食などの食事制限で通常のエネルギーが切れると、違うエネルギーを身体が作って使い始めるという事ね!
そうです!

それが、身体の中でエネルギー革命が起きるという事です。

体内のエネルギー革命

断食を行うと、糖質をエネルギーとして利用できないため、脂肪を分解してエネルギーとして利用するようになってきます。

単にとり入れる栄養素を少なくしたからというだけでなく、体質が変わり、体内のエネルギー利用の仕方が変わってくることによっても、体脂肪がへってくるのです。

参考:奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫) 単行本 – 2001/12/1 甲田 光雄 (著)

断食・小食などの食事制限を行うことによって、体内のエネルギー革命のスイッチが入ります。

このスイッチが入ることで体質が変わり、リバウンドをしづらい身体に変わり、若々しい体系を維持しやすくなるという事です。

マウス実験の場合「断食をやめても3ヵ月効果が続いた!」

 日本の慶應義塾大学教授伊藤裕さんの研究チームが、断食によって起きる身体の変化をマウスを使って実験しました。

どのような実験なのか見てみましょう。

実験では、1か月のあいだ3日間断食して3日間食事を与えたマウスと、1か月のあいだ毎日食事を与えたマウスの2グループに分けます。

1か月たった後に、それぞれのグループの食事を高カロリーなものに切り替え、毎日同じ量の食事を与え続けると、断食をした方のマウスの体重の増加量は断食をしなかったマウスに比べて、13%も抑えらたという結果が出ました。

その効果は断食以降、3か月以上も続きました。

食事制限をやめてからも、しばらく効果が続くのは嬉しいわね!
伊藤教授はこの結果を次のように説明しています。

「カラダに対して、食べ物が少ないという一時的に危機的な状況を知らせるということです。断食っていうのはかなりショック療法に近く、過激なことをカラダに与えると、一時的であってもカラダに残りやすい。それを断食のメモリーと呼んでいます。」

(伊藤教授)

この他に断食・小食などの食事制限が心臓病や糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果的というデータもあります。

どういったものなのか見てみましょう。

毎月1回の1日断食で「心臓病39%・糖尿病52%」も発症率が減った!

キリスト教の宗派の中にモルモン教徒という宗派があります。

モルモン教徒の多くは、毎月1週目の日曜日を「断食日」とし、24時間の1日断食を月に1回行います。

土曜日の夕食を食べた時間から、日曜日の夕食まで食事をしない。

つまり、土曜日の朝食と昼食の2食分を抜くといった具合です。

モルモン教では「断食献金」という物があり、抜いた2食分の食事に相当する金額を寄付し、貧しい人などのために使用しているといいます。

そんなモルモン教に着目して、2011年にアメリカ心臓病学会でインターマウンテン医療センターが発表した、「宗教上の理由から断食をしている人々」に関する研究があります。

凄そうな名前が出てきたけど、どういったことなのかしら?

モルモン教徒が住民の6割以上を占めることで知られるアメリカ・ユタ州で、「モルモン教徒」と「同じ町に暮らす一般の住民」との病気の発症率を研究者が比べてみました。

「断食している人達 vs 断食していない人達」ってことね!

すると、一般の住民に比べモルモン教徒の方が、「心臓病の発症が39%・糖尿病は52%」も、減少していることが判明しました。

さらに、動脈硬化の指標となる数値も、モルモン教徒の方が13%も成績が良かったのです。

断食をすることで、太りにくい体質になるだけでなく、生活習慣病予防にまで効果があるなんて凄いわね!

身体の中に本来備わっている様々な機能のスイッチをオンにするのが、「断食・小食」などの食事制限だと言えます。

身体の中に最初から備わっている機能を上手く活用して、いつまでも健康で若々しくいたいですね。
いつまでも健康で若々しくいるために、今一度食生活を見直して、本来身体に備わっている良いスイッチをオンにして行きます!
ここまでに掲載したTVの画像は「太りにくい体質に!「断食のメモリー」とは? | 美と若さの新常識~カラダのヒミツ~|NHKブログ」から引用させていただきました。

身体の「外側&内側」で起きる断食の若返り効果を紹介!

断食が若返りに効果的、というのはお判りいただけたと思います。

次は「外側と内側」に分けてそれぞれ詳しく見ていきたいと思います。

「外側&内側」の若返りポイント
  • 外側:スタイル・肌質・髪質
  • 内側:スタミナ・免疫力・メンタル
どういう風に若返るのか楽しみね!

【外側】の若返り効果「スタイル・肌質・髪質」

断食をすると痩せてスタイルが良くなるというのは当然よね!

残りの2つについてはあまり想像できないのだけど、どういう事なのですか?

それでは、①肌・②髪と順番に見ていきましょう。

断食で痩せる効果については、以下の記事で実際に断食を行った体験談と共に詳しくお話しております。

断食 ブログ ダイエット
【断食119日ブログ】プチ断食で-10.6kg痩せたやり方&効果写真を紹介 今回は断食の中でも断食道場に行かずに自宅で出来る「半日断食」と「一日断食」をやり続けたダイエット効果について体験談でお話...

今回は肌質・髪質についてお話していきます。

①断食で若返る(肌質)

 飲みすぎや食べ過ぎなどで、気づいたら吹き出物やニキビがっ!といった事良くありませんか? 
あの子たち不思議と出てほしくない時に限って、出てきちゃったりするのよね・・・

吹き出物などは、食べ過ぎなどが原因で、体内に溜まってしまった毒素がうまく排出できなくなり起こります。

断食をすると、体内に取り込まれた食品の残りカスである老廃物を、キレイに排泄することができるので肌がきれいになります。

食べ物が入らないことで、老廃物など余計な物を出すだけの状態になるのです。
肌がきれいになる仕組み!

胃腸がパンパンの詰まっている状態で排泄がうまくいかないと、身体に溜まった毒素の出口を求めて皮膚に炎症や吹き出物ができます。

胃腸がクリーンなるとこれらの症状が治まるのはもちろん、身体のすみずみにまで血流がいきわたるようになり、手足や髪の毛など末端にも必要な栄養を届けられるようになります。

参考:月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる! 単行本 – 2018/1/26 関口 賢 (著)

断食が腸活になってお肌がきれいになるという事ね。

 断食によってアトピー性皮膚炎の症状がかなり軽くなったという方もたくさんいます。 

②断食で若返る(髪質)

 身体のすみずみまで血流がいきわたるという事に関係して、断食での脱毛症克服の効果も確認されています。
本当に色々な事に効果があるのね。

断食が脱毛症に効果的だという事を元・日本綜合医学会の会長である甲田先生は著書の中でこう語っています。

断食と脱毛症について

驚くことに、本断食は脱毛症克服への効果も確認されています。脱毛症は、腸内にたまった宿便から起こるという説もあります。宿便によって腎臓が弱ってむくむと、頭皮も同様にむくんできます。これが脱毛の原因になると考えられているのです。

これに対し、本断食で宿便を出して内臓を正常にすることで、腎臓からきているむくみが取れ、その影響で頭皮のむくみも取れ、脱毛がかいっぜんされるのです。断食によるこうした素晴らしい効果を、厳密な管理のもと、集中的かつ効果的に行う療法が本断食です。

繰り返し強調しておきますが、本断食は断食初心者が個人で行えるものではなく、必ず、指導者がいる施設で行わなければなりません。

参考:奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫) 単行本 – 2001/12/1 甲田 光雄 (著)

本断食って何ですか?
本断食とは3日以上の断食のことを言います。
という事は個人で行えない、3日以上の断食をやらないと効果がないという事ですか?
週1回の1日断食を3~4回行うと3日間断食したのと同じぐらいの効果が得られるといわれています。

時間はかかりますが1日断食を継続しながら、きちんとした食生活をしていれば効果は得られでしょう。

【内側】の若返り効果「スタミナ・免疫力・メンタル」

内面が若返るとはどのようなことなのですか?
内面的にいつまでも若々しく生きるために、必要だと思う3ポイントについて見ていきます。
内側の若さポイント3つ
  1. スタミナ
  2. 免疫力
  3. メンタル
確かに、元気があって、風邪なども引かずに、気力も充実していたら素敵ね!

①断食で若返る(スタミナ)

ご飯を食べないと逆に力が出ない気がするのですが・・・・スタミナがつくというのは本当ですか?
人間に限らず、生き物は食べ物を食べたらそれを消化します。

その時に使うエネルギーと関係があります。

人は身体で使っているエネルギーの約4割を消化活動で使っていると言われていています。

断食・小食などの食事制限を行うことにより、その分のエネルギーを他の事に使用できるのです。

食べるだけで4割ものエネルギーを知らないうちに使ってしまっていたのね。
そうです!

当然食べ過ぎてしまうと、それに比例して、使用するエネルギーは増えていきます。

お昼ご飯を食べすぎてしまって眠くなるのは、消化に普段よりも余計にエネルギーを使っているからなのかしら?
 そうですね!

激しい運動をした時と同じように、食べ過ぎてしまった時は、エネルギーを沢山使うので食べ疲れをしてしまうのです。

断食でスタミナがつく

半日断食をきちんと実行した人は一様に、スタミナがつくことに驚きます。それも半端ではありません。四二・一九五㎞のマラソンを完走できるほどのスタミナで、実際、半日断食によって病気を克服し、完走した人が何人もいます。

参考:奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫) 単行本 – 2001/12/1 甲田 光雄 (著)

フルマラソンだなんて凄いわね!
消化でエネルギー不足にならないように、上手くスタミナを管理していきたいですね。

②断食で若返る(免疫力)

 東洋では「病は口より入り禍は口より出ず」という諺はあります。

また、西洋でも「1日3食のうち2食は自分のため、1食は医者のため」という諺があるように、人は食べすぎによって体調を壊します。

食べたものは、胃で消化され、腸で吸収します。

吸収した栄養は血液と一緒に全身を巡り傷ついた細胞を修復し、同時に老廃物を回収し、体外に排出してくれます。

そして、免疫力の6割は腸が担うと言われています。

次から次へと食べ物を食べたり、食べ過ぎを繰り返えしてしまうと、胃腸は休む暇がなく弱ってしまいます。

働きずくめでヘトヘトになってしまうという事ね!

そうなると当然、食べ物を処理しきれなくなるので、胃腸に食べ物が長い間とどまることになります。

その結果、食べ物が胃腸の中で腐敗して、毒素が発生してしまいます。

 人の体温は36~37度ぐらいなので、真夏の締め切った部屋に食べ物を放置しているような状況です。
想像するとなんだか怖いわ

免疫の要である腸の活動が弱まるばかりでなく、毒素と一緒に悪い血液が身体中を回ることで身体に不調が出たりするのです。

不調の原因は腸

胃で消化されたものは腸に送られ、そこで吸収した栄養は血液にのって全身をめぐり、傷ついた細胞を修復します。同時に不要になった老廃物は回収され、体外へと排出されます。

腸の働きが弱まって吸収力が落ちれば、細胞の修復力はガタ落ち。疲れが落ちにくい、寝ても寝ても眠い、代謝が落ちて太りやすくなる、肌にツヤがないなど、さまざまな不調を引き起こします。

参考:月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる! 単行本 – 2018/1/26 関口 賢 (著)

断食・小食などの食事制限を行うことで免疫力の要である腸をいたわる事が大切です。

③断食で若返る(メンタル)

 悩んでいたことが解消されたりして、気持ちが晴れやかになるというのは誰しも経験した事があると思います。

着れなかった服が着られる、肌がきれいになった、スタミナがついて仕事で疲れなくなった、など断食をして悩みが解消されることもあると思います。

更に、丸1日何も食べなかったという達成感や、毎日1食や2食で過ごすことを継続する力などの小さな積み重ねが自信に繋がっていくのです。

肉体的な健康も、もちろん大切だけど、精神的な健康も大切よね!

身体が整ってくると、気持ちが整い、人生も前向きに整う。

そういった効果が断食にはあるでしょう。

修行としての断食には「精神を整える」ため、という一面もあるのではないのでしょうか。
気持ちが整うという事

断食を経て不快な症状から解放されたこと、痩せてすっきりしたこと、考え方がシンプルになったこと、さまざまなポジティブな変化が重なり合って、みなさん、見た目も生き方も美しく変わっていきます。

グチグチとネガティブな言葉ばかり発していた方が、明るく生き生きと生まれ変わるのです。スニーカーが定番だった方が、ヒールをはいて颯爽と歩いて治療院へやってきたりもします。

参考:月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる! 単行本 – 2018/1/26 関口 賢 (著)

継続していくと、色々と良い効果が重なっていきそうね!
断食で様々なスイッチを入れて、肉体的にも精神的にも健康でいつまでも若々しく過ごしていきたいですね。

【体験談】断食で私が若返りを感じた6つのポイント!

断食で感じた若返り効果
  1. 肌質
    「身近な人ならすぐわかるぐらい肌がツルツルに!」
  2. 体質
    「10kg以上痩せて、リバウンドしにくくなった!」
  3. 体力
    「毎日パワフルで寝起きからかなり調子が良い!」
  4. 血色
    「紫唇だった唇の血色が、赤みを取り戻した!」
  5. 髪質
    「以前よりもコシのある髪の毛になった!」
  6. 白髪
    「少しだけ白髪が減ってきた(根本が黒くなってきた)」

私が感じた効果を順に並べてみましたが、やはり一番感じた効果は「美肌効果」と「ダイエット効果」で、次に「体力UP」でした!

「★5つ」は10kg痩せたぐらいの驚きです。

それを基準に自分が体感した順番で★を付けてみました!

一つずつ簡単に感想を綴ります。

断食で感じた若返り効果①「肌質」

断食により食事を摂らない時間が出来た為、その間に胃腸がキレイになっていきました。

宿便とは「×何年もたまった便」と思いがちですが、実は「〇胃腸の消化能力を超えて溜まっているもの」です。

何年もたまった便ではなく、宿便と呼ばれるものは結局、酵素で溶けていきます。

消えるからいいのではなく、これが毒素として溶けて全身を駆け巡るので、肌荒れなどが起きます。

断食により胃腸がキレイになるだけで、これだけ肌がキレイになるとは思わず、かなりビックリする効果となりました。

断食で感じた若返り効果②「体質」

断食により体重「-10.6kg」BMI「-3.9」体脂肪「-6.4%」と全てが減っていきました!

ちなみに、この期間は119日間ですが、さすがに全ての日を完璧に半日断食出来た訳ではありません。

※写真クリックで画像は大きくなります

出来る限り半日断食をしていき、後半は慣れてきたので1日断食も混ぜて行っていきました。

プチ断食は完璧主義にならずに、出来る限りで継続することをおすすめします!

断食で感じた若返り効果③「体力」

身体が軽くなったからか、以前よりとても活発に行動をするようになりました。

体力が上がったと感じた理由は、以前より行動しているのに以前より疲れを感じなくなったからです。

また、睡眠の質が上がったとも表現できますが、以前よりも睡眠が深くなり寝起きが断然よくなりました!

朝も夜も以前より全然疲れを感じなくなったことにより、「体力」が上がったと表現しました!

断食で感じた若返り効果④「血色」

「肌質」と似ている部分ではありますが、顔全体の「血色」がよくなりました。

以前よりも明るい顔になったってところでしょうか。

また、これは結局少しずつ戻ってきてしまったのですが、昔から紫唇だったのですがこの時期は唇に赤みが出てきてビックリしました。(正直、これが断食の効果なのかは謎です。。)

しかし、断食をすることにより血の巡りは良くなるので、関係していることだとは思っています。

断食で感じた若返り効果⑤「髪質」

断食で感じた若返り効果としては、この辺りから少しずつ効果の具合としては下がってきますが、以前よりもコシのある髪の毛になったと感じます。

ここまでにお伝えした「肌質・体質・血色」などは、周りの人からも凄く突っ込まれるぐらいの変化でした。(久々にあった人は、どんな方法を使ったのか事情聴取されるレベルでした 笑)

しかし、特に髪の毛については言われませんでしたが、私個人としては違いを感じたポイントです!

断食で感じた若返り効果⑥「白髪」

白髪については、断食の効果なのか?酵素ドリンクの効果なのか?両方の効果なのか?判断ができませんが、若干白髪が減りました。

白髪だが根本は黒くなってきている髪も増えました。

身体で酵素が不足すると、生命維持とは関係ない部分から酵素不足による変化が出てきます。

それが白髪の原因です。

若返り効果としては白髪が減るのは魅力的ですが、ここまでに紹介した効果と比べると「自分でしかわからないレベル」でした。

断食で若返り効果を得るまでの期間はどのくらい?

断食が若返りに効果的だというのはわかったのですが、どんなやり方で、どのくらいの期間をやればいいのですか?
ここでは期間とやり方についてお話していきます。

モルモン教が1か月に1回の断食でも心臓病の発症が39%・糖尿病は52%も減少することから月1回の1日断食でも健康には十分効果があるのはお判りいただけたと思います。

生活習慣病の予防・健康面では月に1度の1日断食でも効果がありそうね!
肝心の若返り遺伝子の方はどうなんですか?

サーチュイン遺伝子は48時間の断食で2~4倍活発になるという研究データが出ています。

短時間でスイッチを入れるなら本断食(三日以上の断食)が良いでしょう。

しかし、本断食は指導者の管理の元に適切に取り組む物なので、個人で気軽に取り組むことはできません。

道場などの施設に通わなければできないんですか・・・
本断食を実行するにはそうなりますが・・・大丈夫です!

サーチュイン遺伝子を活発にさせるスイッチは「飢え」、言い換えると空腹感なのです。

短期間でサーチュイン遺伝を活発にさせるスイッチを入れるには、本断食が最も効果ですが、しっかりと空腹感を身体に与えてあげればスイッチが入ります。

NHKのサイトでも金沢医科大学古家教授が空腹がスイッチだとおっしゃっています。

サーチュイン遺伝子のスイッチは空腹感

「サーチュイン遺伝子はカラダの中にある、指揮者みたいなもの。
何を指揮してるかというと、ちゃんと元気で病気にならずに長生きするスイッチになってます。
スイッチをオンにすることができるのが、断食であったり、いわゆる空腹。スイッチは空腹のときしか出てこないんです。」(古家教授)

参考:太りにくい体質に!「断食のメモリー」とは? | 美と若さの新常識~カラダのヒミツ~|NHKブログ

腹八分目に抑えたり・毎日1・2食抜いたり、週に1回1日断食をしたり、月に1回1日断食をしたりとやり方は様々です。

その中から自分に合った方法を見つけて、空腹感を身体に継続的に与えて行きましょう。

それが若さへの秘訣ね!
表に断食の種類とやり方をまとめてみました。
3種類の断食方法
  1. 本断食 |難易度:
    3日間は食を断ち、その間はドリンクのみで生活をする
    ⇒「本断食のやり方」
  2. 1日断食|難易度:
    1週間の中で1日は食を断ち、その日はドリンクのみで生活をする
    ⇒「1日断食のやり方」
  3. 半日断食|難易度:
    1日の中で18時間は食を断ち、その間はドリンクのみで生活をする
    ⇒「半日断食のやり方」
いきなり無理をしないで、1食抜いてみたらなんか調子が良い!

夜食べないで寝たら次の日の朝目パチッと目が覚めた!

など身体が気持ちよくなった成功体験を少しづつ積み重ねていく事がポイントです!

コツコツと積み重ねて私も断食で若返ります!

【最後に】断食で若返り効果を感じた芸能人・俳優

いつまでも若々しくて健康的な人を思い浮かべる時に、TVなどで活躍している芸能人の方々をイメージする人が多いと思います。

次は実際に断食・小食などの食事制限を行っている芸能人の方々を紹介していきます。

どんな人がいるのか楽しみね!

断食で有名な芸能人と聞くと、に過去に30日間の不食を実行した、榎木孝明さんがいると思います。

この人TVで見た事あるわ。俳優の人ね!

榎木さんは30日間の不食中の変化として、「持病の腰痛がなくなった・セリフの覚えが速くなった・スタミナが増した・睡眠が深くなり、4時間で十分になった」と言っています。

不食を行うきっかけは20代から続けているインドを中心にした一人旅。飲まず食わずで帰国すると、いつも体調が良くなっていたという経験からのようです。

食べないことで、自分の意識がどう変わるかを試してみたかった」とも話しています。
 食べる音が当然のようになってしまっている私には考え付かない発想だわ。

私たちがとらわれている常識の枠を外した時にこそ、本当の経験が得られるのではないか。何か新しいことが始められるのではないか。

参考:30日間、食べることやめてみました

とも自身の著書でも語られています。

榎木孝明さんのほかにも「ローラ・小倉優子・ビートたけし・タモリ」など、断食・小食などの食事制限を行っている芸能人の方たちは多数います。

断食 芸能人 俳優 有名人
断食(ファスティング)経験のある「芸能人・俳優」の口コミまとめ! 『断食』と聞くと、「食べなくて大丈夫なの?」と心配になる方もいるかと思います。 しかし、一般の方より恐らく...
憧れている芸能人が断食や小食を実践していると、背中を押されている気分になるわ!
憧れの芸能人を目指して私もがんばるわ!
ABOUT ME
食育・コバコバ(調理師 × 食育インストラクター)
食育・コバコバ(調理師 × 食育インストラクター)
高校時代に友人にカツ丼をつくる。そのカツ丼が「うますぎる!」となったことを切っ掛けに、彼は安易にも調理師専門学校に入学し卒業。 調理師として10年以上の間「ホテルの調理~ラーメン屋の店長」と謎に幅広い世界でご飯をつくりまくる彼は、元々はガタイが良く強面だが心はカワイイアニメキャラの様でありパッチリ二重でビューラー要らずのヒゲ君である。 話がそれたが、ご飯をつくりまくった結果、彼は「つくる事」から「食べる事」に興味が湧き食いまくり、結果太る。 その後「食べる事」から「何を食べるか?」に思考が変わっていった時には、幸か不幸か【調理師 × 食育インストラクター】となっていたのであった。 -----続く-----